3rd party ARM2000
ARM Cortex-M3対応プロテウスVSM

ARM Cortex-M3対応プロテゥスVSMはテキサス・インストルメンツのポピュラーなLM3SとLPC1300シリーズのマイクロ・コントローラ 組み込みシステム開発、テスト及び仮想試作品(バーチャル・プロトタイプ) を作る為に必要とする全てを含んでいます。 プロテウスの回路図ベースのマイクロ・コントローラ・シミュレーションのユニークな本質からシステム・ハードウェアと システム・ファームウェアの双方について、早く、柔軟に、また平行した開発が容易となります。 技術者はこの設計の相乗効果からプロジェクトをより速く進められます、ハードウェア及びファームウェアを自由自在に変更出来ますので 市場に出すまでの時間を非常に短縮することが出来ます。プロテウスVSMの詳細をご覧下さい。

製品概要

ARM Cortex-M3対応プロテゥスVSMは次のものを含んでいます:

  • ISIS[イシス]回路図キャプチャの完全プロフェッショナル・ライセンス・パッケージはシミュレーションのための回路図を作成する事が出来ます。
  • フルライセンスの対話式VSMシミュレーション・エンジンは試作品を製作する前にユーザーのすべてのシステムで対話形式によるシミュレーションが可能です。
  • 回路図でARM Cortex-M3バリアントをシミュレートできます。
  • 数千の標準ペリフェラル・モデルと組み込みペリフェラル・モデルがプロジェクトのシミュレーションで利用出来ます。
  • 12以上の産業用グレードのバーチャル計測器(DSO, ロジック・アナライザ, I2Cプロトコル・アナライザ, 等々)で測定と解析が出来ます。
  • シミュレーションの間に、選択したコンポーネントと(又は)システム全体のトレース・メッセージを受け取ることで、システム全体の診断が可能です。
  • 完全なデバッギング能力はプロテウスVSMの内部システムを経由、Keil環境での直接統合環境経由、又は、 他のサポートされているコンパイラを経由でデバッグ可能です。
購入オプション
ARM Cortex-M3のプロテウスVSMはフル・プロフェッショナル・ファミリイであり、全ての現在サポートされいてるARM7のさまざまな種類が含まれています(以下を見て下さい)

解析機能はAdvancedシミュレーション・オプション モジュール経由でグラフ・ベース・シミュレーションを追加アップグレードすることが出来ます。

完全な回路設計とバーチャル・シミュレーションとボード・レイアウトの為のプロテウスPCBデザイン製品とを統合することでネットリストの出力ができます。

テクニカル・インフォメーション

現在モデル化されているARM Cortex-M3の各バリアント・セット:

  • LM3S300, LM3S301, LM3S308, LM3S310.
  • LM3S315, LM3S316, LM3S317, LM3S328.
  • LPC1311FHN33, LPC1313FHN33,LPC1313FBD48, LPC1342FHN33
  • LPC1342FBD48, LPC1343FHN33, LPC1343FBD48

プロテゥスVSM は次の実在するデバイスの全ての機能をシミュレートします:

  • マルチプロセッサ・サポートのための操作を除く全てのインストラクション・セットをサポート
  • 全てのポートと他のI/Oピンの動作をサポート
  • スリープとディープ・スリープ・モードをサポート
  • ウォッチドッグ・タイマーをサポート
  • 全モジュールでの汎用目的タイマーをサポート
  • FIFOモードでのユニバーサル非同期レシーバー/トランスミッタ(UART)をサポート
  • 次のフレーム・タイプで同期シリアル・インターフェース(SSI)をサポート: Freescale, MICROWIRE, 又は、Texas Instruments.
  • 適切なデバイスでの全モードでのInter-Integrated Circuit (I2C)をサポート
  • シグナル・ソースの全コンフィギュレーションでのアナログ・コンパレータをサポート
  • 幾つかの入力チャンネルと内部温度センサーを持ったアナログ->デジタル10-bitコンバータ(ADC)をサポート
  • Cortex-M3メモリ・リージョン・プロテクションを含む内部コードとデータFLASHメモリをサポート
  • 全てのインターラプト・モードをサポート
  • 実行のための内部生成プロセッサー・クロックと1クロック周期での正確さを有するイベント・タイミング
  • コードの内部一致チェックを提供(無効なオペコードの実行, 無効なメモリー・アクセス, スタック・オーバー・フロー・チェッキング等々)
  • さらに詳しく... VSMソース・レベル・デバッギング・システムに統合
  • さらに詳しく... プロテウス診断コントロール・システムに統合
    主な制限事項:

  • ビットバンド・エイリアス・リージョンはtype XN (Execute Neve).
  • キャッシュ情報は使用されていません。
  • システィック・カリブレーション値レジスタ(SYST_CALIB)は無視されます。
  • データ・バリア・インストラクション(DMB,DSB)はNOPとして扱われます。
  • レジスタ PLLCFGはモデル化されていません。
  • クロック・ベリフィケーション・タイマーと内部ブローアウト・ディテクターはモデル化されていません。
  • レジスタ DR2R,DR4R,DR8R,SLR はモデル化されていません。.
  • I2Cモジュールのループバック機能はドキュメント化されていませんのでモデル化されていません。
    サポート・コンパイラ:

    プロテウスVSMモデルは基本的に実際のデバイスにプログラムしようとするHEXファイルと全く同じに動作します。 しかし、ファームウェアを書くためにコンパイラを使用しますともっと多くの情報がデバッグするのに利用できます。 HEXファイルに代わってこれらのオブジェクト・ファイルをプロテウスに提供しますとより豊かな動作環境が提供されます。 サポートされているコンパイラの情報をご覧下さい。

    "プロテウスは価格面で間違いなく最も良い回路図エントリー、PCBデザインと、シミュレーションパッケージです。 それは多くの競合他社製品において、たとえばProtel DXP のソフトウェアに匹敵します、そしてさらに使い易いです。 プロテウスの持つ標準的な自動ルーターは優れた機能を有しています、そして多くの時間を節約してくれます。 我々は製品に非常に満足しており、望まれている方には、妥当な価格であるハイエンドのツールパッケージを推奨します、けっしてプロテウスには失望しないでしょう − また、彼らの顧客サポートは #1です、彼らの専門家はシミュレーション、PCBレイアウトと回路図エントリーに熟練しており、それらのツールが持っているかもしれないどんな問題に関してでもあなたの手助けをすることができるでしょう。"

    - Andre Lamothe - CEO Nurve Networks LLC.