プロテウス・デザイン・スイート[Proteus Design Suite] Version 8.7
Proteusは使い易さと強力な機能を組み合わせてかつてないほどプロフェッショナルなPCBを設計、テスト、 レイアウトするのに役立ちます。
約800個のマイクロコントローラが回路図から直接シミュレーションに対応[*VSMが必要]しており市場で最も直感的な プロフェッショナルPCBレイアウトパッケージの1つです。 Proteus Design Suite 8は標準装備で世界クラスの形状ベースのオートルーターを搭載しており現在及び、 将来のエンジニア向けの完全なソフトウェア・パッケージを提供します。

Proteus 8.7 - 新機能:

V8.7リリースの主な目標の1つは、V8.6で初めて導入した高速設計サポートをベースにして構築することでした。
主な追加は、トラックの1つのセクションが複数のマッチグループに属することを可能にする長さマッチグループ機能の拡張です。 これはDDR3に推奨されるようなフライバイ・トポロジルーティングに必要です。 また、コネクション・ハイライト・モードで長さマッチグループの閲覧を追加し、関連性の高い情報を追加するように長さ一致レポートを改善しました。 最後にコンテキスト・メニュー・コマンドを使用してARES[無償回路図エディタ]のコンポーネント本体内の内部長の指定を許可しました。 開発のもう一つの重要な領域はゾーンのコンテキスト・メニューから直接行うゾーンのステッチングを自動化することでした。 また、同様のコマンドでゾーン(ピケット・フェンス)をシールドするように選択することもできます。この機能をルートに拡張し 高速ルートをよりよく分離することができます。 ライブラリー・マネージャーは書き直され現在は部品プレビューとプロパティ情報の両方が含まれています。 また、2つの部分を選択し、フィジカル(例:フットプリントの寸法)とプロパティ(例えば、ストックコード)の違いを強調する 差分ツールを起動することもできます。
オートプレーサーはV8.7で大幅な改善を見ました。
まず、PCBの部品面とはんだ面の両方に配置できるように両面にしました。 次に、配置前にPCBの基本フロアプランニングを可能にする配置ルームを導入しました。 機能とフィックスの完全なリストはUpdates and Fixes Support Forumから入手できます。 Proteus 8.7は、2017年9月1日現在USCが有効なすべてのお客様に無料でご利用いただけます。

Proteus 8.6 - 新機能:

Proteus 8.6には自動蛇行配線、レイヤー・スタックアップ管理、アセンブリ・バリアント・サポート等が含まれます。

バージョン8.6は主に3つの主要な分野でPCB開発スケジュールの重要なリリースです。 最初に、PCB上の自動長さマッチングの包括的なサポートを導入しました。設定された公差と蛇行形状を持つと、 ユーザーは関連するトラックを選択してからコンテキスト・メニューからmatchコマンドを呼び出すことができます。 より正式なレイヤー・スタックアップ・ウィザードも導入しました。 このウィザードでは物理PCBのビルドアップを指定してからファブハウスに渡すことができます。 これによりボードで使用されるドリル・パス(ドリル・レンジ)をユーザーが 明確に定義できるようになり、 多層ボードの場合、トラック配置時にインテリジェント・ビア・オプションを提供できます。 最後に、デザイン・エクスプローラ・モジュールを書き直し次の機能を有効にしました。

アセンブリ・バリアントのシステムワイド・サポートによりユーザーは製品バリアントを作成しそのバリアント内の 個々のパーツの適合、又は、不適合の状態を指定することができます。回路図のより強力な検索とフィルタリング、プロパティの置換。 これにより設計上のすべての10nFコンデンサのパッケージを変更する等、迅速に且つ簡単に行うことができます。

Proteus VSMでは人気のあるSTM32 ARM Cortex-M3ファミリとPICマイクロコントローラ・ファミリと幾つかの 新しいエンベデッド・ペリフェラル・モデルのいくつかの新しいバリエーションが完成したことをお知らせします。 最後に、人気の高いArduinoロボットカメのシミュレーションのサポートをVisual Designerモジュールに追加しました。
詳細についてはサポート・フォーラムをご覧ください。

Proteus 8.5:

  • グラフィクス/Gerber/ODB++へプリント出力とエクスポートのためのオプションでアセンブリ・レイヤ自動生成
  • Gerber RS274XとX2出力のインペリアル、又は、メトリックの何れかにセット可能
  • GerberとExcellonファイルをインペリアル、又は、メトリック両方で全てのファイルを出力
  • マルチプル編集でパネライゼーションを実行可能
  • フーリエ・グラフのシミュレーティング時に非現実的なFFT計算の警告
  • BOMレポートとピック&プレース出力形式の拡張

Proteus 8.4:

  • Windows® 10オフィシャル・サポート
  • 高解像度(例えば、4Kモニタ)をサポートのためのシステム全体のアップデート
  • PCBレイアウト・モジュール内のデザイン・ルールを認識し湾曲トラッキングの追加
  • カーブとマイター・トラッキングからパワー・プレーン・クリアランス改善

Proteus 8.3:

  • MCADのためのSTEP/IGESファイル入出力サポート *PCB Design Level 2以上
  • ダイナミック・ティアドロップ追加
  • ラジアル電解、コネクターと他の共通部品のSTEPファイル既存のライブラリへの大規模な修正
  • マルチプル・トラック編集操作とネッキング・トラックのための拡張機能のサポート
  • 複製コマンドで結合サブ回路を介して設計の再利用のためのサポートが強化されました
  • ARES(PCB設計)でカパー・レイヤーに沿ったペーストとソルダー・マークのプリント設定が強化されました
  • キープアウト・オブジェクト(キープアウト・オブジェクトのctxメニュー・コマンド)の単一レイヤーのオプションの追加
  • PDF出力の大幅改善、SVG出力追加
  • MSP430G2xバリアント追加
  • PIC18F45K50バリアント追加
  • ILI9341 TFT LCD(SPI & Parallel Modeのみ)とArduino Shield関連の追加
UK